黒と黄色の芸術家(今うわさのあの人)

毎週水曜夜7時は対談番組「今うわさのあの人」
10月19日のゲストは、今年4月に新たに仲間入りした
東御市地域おこし協力隊員 有賀慎吾さん☆
img_0974

武蔵野美術大学大学院博士課程修了し、その後東京芸術大学で
美術解剖研究室の助手をされていました。
その経験を活かし、東御市で開催中「天空の芸術祭」(10月30日まで)
で活躍しています。

有賀さんは見た目に大きなインパクトがあります。(写真参)
黒と黄色が自分の色ということで、頭のてっぺんから足の先まで
この色づくし(#^.^#)
この色でコーディネートされた人を見たら「有賀さんだ!」となります。
もちろんご自身の作品も黒と黄色。しかもちょっとグロ系。
有賀作品からはご本人の心の闇?といったものを妄想してしまいそう
ですが(失礼!)でもお話をしていくととても穏やかで繊細な方だと
感じましたし、闇を抱えているようには見えませんでした!笑

天空の芸術祭で展示されている作品について、芸術に疎い私にも作品
ひとつひとつの特徴や様子が想像できるようにお話してくださいましたよ。
この芸術祭、開催当初から比べると作品が良い感じに環境になじみ、
また地域の方が新たな作品を追加していくといった形に変化している
そうです。
「あれ?こんなところにこんな作品あったっけ???」みたいな。
もちろん来場された方が参加できる作品もあります。
アートってとらわれないものなんですね。
また、すでに次回に向けての課題も見えているそう。

地域おこし協力隊とし忙しい毎日を過ごしている有賀さん。
この芸術祭が地域に定着し大きなイベントとなるといいですね☆

☆こず姉☆